キャッシングの概要

「キャッシング」とはクレジット会社や消費者金融のATMやCDを通して現金を借りることで、本人確認ができる証明書があれば保証人を立てる必要もなく、担保になる土地や財産がなくても現金を融資してもらえます。
金額もある程度まとまった額の融資を受けることができ、申請から融資までの対応が迅速です。



最近ではインターネットの普及によりパソコンや携帯、スマホから簡単に申込みができます。
早い場合ですと、申請を行ったその日のうちに借りたい希望の金額が振り込まれていることもあります。



このキャッシングとよく間違われるのがクレジットカードです。
クレジットカードは加盟店でしか利用できません。
また商品を購入する際に使用することで、その商品の代金をクレジットカード会社にいったん立て替えてもらい、後日クレジットカード会社から請求されて支払うというシステムですので、直接に現金を手にすることはできません。
しかしキャッシングの場合にはATMやCDで現金を直接手にすることができます。



キャッシングは利用するキャッシングの企業によって借りた金額の返済方法が異なりますし、それぞれメリットもデメリットもあります。
銀行・消費者金融・信販・クレジット会社などキャッシングサービスを提供する企業は様々ですから、まずはどの企業のキャッシングを利用するかをよく検討してみましょう。



キャッシングにあまり良い印象を持っていない人も多いかもしれませんが、利用者自身が借り過ぎないよう気を付けることで、日常生活をより過ごしやすくすることもできます。